2006年07月


◆ エクソンモービル大幅値上げに動く
    
(7月31日付)


   仕切価格の値上げに対応してエクソンモービル系の元売子会社が7月29日、早速、小売価格の大幅引き上げに動いた。この動きは系列代理店にも広がっている。新日本石油も7月同様、8月1日から3大子会社の完全転嫁を明言している。今世紀最大級の仕切アップとその小売価格への転嫁は、まず、子会社主導で進み始めた。ただ、確実に転嫁が進むかどうかは他の各社の系列子会社の動きにもよるため、1日の市場に業界の注目が集まっている。
 EMグループは7月28日までに、代理店などに前週比おおむね6.6円の値上げを通知。同グループ系列の子会社をはじめ一般代理店などは適用日の29日から即転嫁に動いたが、値上げ幅、仕上がり価格にはばらつきがある模様。同日現在、首都圏では7円から8円アップの141円、142円が確認されている。
 新日石は7月に最大7円もの大幅値上げを実施した完全子会社大手3社について、「8月の改定幅を完全に上乗せする」ことによって8月は「最低でも(消費税込みで)5円弱の値上げとなる」見通しを明らかにしている。

29日から142円に値上げした神奈川県横浜市内の
エクソンモービル系販売子会社




◆ SS未来フォーラムが「青年部」未設置組合に設置を働きかけ
  (7月24日付)

   全国で22石油組合が結成している若手業界人の組織「青年部」。その全国ネットワーク「SS未来フォーラム」は「青年部」未設置組合に対する働きかけを強化する。2005年度には岡山と広島が「青年部」を新たに設け、九州支部でも大分、熊本に続く設置を呼びかけており、06年度中に「青年部」を持つ組合が過半数を超えるのは確実と予想される。
 埼玉では組合執行部から要請された検討テーマについて、意見交換や検証を通じた“答申”を行っており、また、東京のように、「運営資金は補助するが、活動には干渉しない」ケースなど、「青年部」の運営はさまざまだが、変化する業界環境の中で若手業界人の斬新な感覚に期待する組合が多くなっている。また、石油組合活動の世代継承から、「青年部」を次世代の組織リーダーの養成機関として位置づけている組合もある。
 なお、「SS未来フォーラム」は05年秋の中部商品取引所でのセミナー、06年度の全石連広島総会での「SS見本市」見学を兼ねた研修を行うなど、加盟メンバーに新しい情報の提供に努めるなどしている。




◆ 関東支部が元売6社に系列指導要請
  (7月14日付)

   全石連関東支部は7月12日と13日の両日、森支部長、飯田、宇田川両副支部長らが、出光興産、エクソンモービル、キグナス石油、新日本石油、昭和シェル石油、ジャパンエナジーの主要元売6社を訪れ、石油業界が抱える環境問題をはじめ、バイオエタノールなど燃料転換への対応に向けた再投資可能な経営健全化を図っていくため、経営改善に向けた系列販売業者への経営指導の強化や各元売販売子会社を中心とした末端市場での率先垂範を要請した。
 宇田川副支部長も適正マージンの確保による採算経営の重要性を強調し、飯田副支部長は、元売各社の不透明・不公平な販売政策の是正を訴えた。これに対して、元売各社とも最近の需給環境の悪化に販売業界と共通認識を持っていることを明らかにした。

末端市場の現状に危機感を訴える森支部長ら関東支部の正副支部長
(写真は出光興産で)




◆ 7月転嫁・先行する新日石、他社追随
  (7月12日付)

   7月中旬に入り、全国各地で価格転嫁の動きが広がってきた。新日石完全子会社の率先を受けて、他の元売子会社も販売価格を上方修正し、5~10円程度値上げした給油所が多く、主要幹線道路沿いでも133~7円の価格表示が目立つ。ただ、周辺業者の動きが鈍い地域では再値下げした給油所も散見される。7月11日午前現在、北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、四国、九州の各エリアから各元売子会社の価格転嫁の機運や動きが伝えられているが、「元売によって温度差がかなりある」との指摘もある。そのため地場業者は「近隣給油所の動きだけでなく、自社の系列元売子会社の販売姿勢にも注目している」。
 一方、出光が月中の15日から卸価格を2.4円引き上げ、8月も1円程度の値上げが見込まれると発表、また、太陽石油も完全子会社の太陽石油販売が直営97給油所の販売価格を値上げし、5~10円程度底上げしてレギュラー135~7円の早期達成を目指すとともに、8月も3~4円の仕入価格上昇を想定して「値上げは避けられない」との見通しを明らかにしている。
 7月転嫁の現状は全国的に見るとまだ「道半ば」という状態だが、子会社給油所に多いカード特価などに代表される不透明な値引きに対する疑心暗鬼が払拭されれば、正常化機運はさらに進むものと見られる。

新日石販社が掲示する138円表示(札幌市中央区)